RSS | ATOM | SEARCH
コールマンの歴史 その6
0
    1956年 初めてLPガスを燃料 とした新製品モデル
    540 ピクニックストーブが登場。

    1957年 創始者ウィリアム・コフィン・コールマンがこの世を去り
    そのずっと以前より要となって社を支えてきた
    息子シェルダン・コールマンが経営を引き継ぎます。

    1965年にテントと スリーピングバッグ を発表

    アメリカ赤十字の副会長を務めたり、
    ボーイスカウト活動を助けたり、
    シェルダンはほかのひとが守り慈しみたいと思っているものを
    進んで守ろうとする人間でした。

    利益のみを求めない彼の自然に対する深い理解と愛情は
    レーガン政権の1985年
    アメリカン・アウトドア委員会の委員長に任命されるほどでした。

    1988年
    人と自然をこよなく愛した2代目社長は帰らぬ人となりましたが
    自然を利己的に楽しむのではなく
    自然のなかに溶け込み愛するため道具を作り続ける
    コールマン社のポリシーは
    今も受け継がれこれからも伝え続けられることでしょう。

    ここでコールマンの歴史についての話は終わります。
    (コールマンの歴史1〜6へ

    次回からは今のコールマンの話や
    イベントの情報などについてお伝えしていきたいと思っています。

    ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨ ¨
    さて、ここからは文中に登場した
    テントとスリーピングバッグを紹介していくことにしましょう。

    テントコーナーへ
    タープコーナーへ
    テント&タープコーナーへ
    スリーピングバッグコーナーへ
    author:きぃの, category:コールマンとは?, 15:48
    comments(0), trackbacks(0), - -
    Comment









    Trackback
    url: http://moshimo.smile.her.jp/trackback/229231